この3隻も忘れてはいけない スタートレック・フリートコレクション リブート

スタートレック・フリートコレクション リブート新作版エンタープライズNX-01に続いて残りの3種類も組み立てました。

U.S.S エンタープライズ NCC-1701

スタートレックの原点とも言える最初のTVシリーズ「宇宙大作戦」のエンタープライズ号。カーク船長やスポックたちが乗っていた船です。

前回のスタートレックフリートコレクションと基本的には変わっていないようです。

ワープナセルにはクリアパーツが使われておりリアル感が増しています。電飾を仕込んだらきれいでしょうね。いつかやりたい。

AMTのプラモデルキットと同じ1/2500スケールです。

U.S.S エンタープライズ NCC-1701-D

続いては新スタートレックのエンタープライズ号。ピカード艦長やライカー副長が乗っていたた船です。残念ながら船体の分離ギミックはありません。船体のアズテックパターンはさすがに再現していませんが、それらしい感じでのっぺりとしすぎることもなく適度なマーキングが施されています。
D型エンタープライズは1/5000スケール。相当大きな船です。

U.S.S ディファイアント NX-74205

最後はディープ・スペース・ナインのディファイアント。シリーズ中盤からに登場した船です。他の船と違って、この中でドラマが展開されることが少なかったためか個人的にはあまり印象に残っていない船です。

塗装ずみとクリア成形の2隻セット。クリアのほうは遮蔽装置が作動した状態を再現しています。これも電飾加工向きですね。

どの船も、造形も塗装も非常によくできているのでスタートレックファンだけに留まらず多くの人に楽しんでいただきたいシリーズです。これが売れれば次につながると信じてお布施のつもりで買い揃えたいですね。

もし次があるとしたら、B,C,Eの各エンタープライズやクリンゴンのバード・オブ・プレイなんかもラインナップして欲しいと切に願っております。