これで制限時間内完走できる! 第24回ふじえだマラソン(2017)激遅ランナーのレースプラン 

 

今年の目標も制限時間内完走

静岡県藤枝市を舞台に2017年3月12日に開催されるふじえだマラソン(ハーフ)。今回で24回目となる歴史ある大会です。今年からナンバーカードなどが事前送付となり、先日送られてきました。

300mの高低差が売り物?のタフなレースなので、一応計画を立ててレースに臨みます。例によって激遅ランナーとしては2時間30分の時間内完走が目標です。

ちなみに過去3回のゴールタイム(グロス)です。

  • 2013年 2:28:43
  • 2014年 2:21:00
  • 2015年 2:22:55
  • 2016年 DNS

制限時間は2時間30分ですが、2014年からは19km地点での2時間10分の関門が設けられました。

2017年はどう走るか?

コースについては以前ご紹介しましたが

あの激坂を再び攻略できるか!? ふじえだマラソンにエントリー
2017年3月12日に開催される第24回ふじえだマラソンの案内が送られてきたので早速ハーフにエントリーしました。 この大会は静岡県藤枝......

とにかく、登って下る潔いコースです。

2015年のレースを振り返ってみるとGPSウォッチによる2015年の5kmごとのラップタイムは下記の通り。

  • 5km   31:56
  • 10km 1:10:32  
  • 15km 1:40:59
  • 20km 2:15:56

ハーフの参加者は400人弱。スタートロスタイムほぼありません。

スタートから7kmあたりまでは高低差100mほどをなだらかに登ります。
この区間は1キロ6:30くらいをキープして走ります。

7kmを過ぎるとこのコースの特徴である激坂があらわれます。ここから折り返しまでの3kmで高さは200mほど登ります。つづら折りの坂道のため、いつまでたっても頂点が見えず辛い部分ですが、たった3kmです。1キロ8:30くらいにペースはぐっと落ちますが、足を止めず走り抜きます。

登りきったら折り返し。給水所があるので一度体をリセットして今度は下りに向かいます。

下りは自分がいままで経験したことのないようなスピードが出ます。ただ、ここで調子に乗ってペースオーバーしてしまうと、思った以上に脚にダメージが残るので注意です。

14kmあたりをすぎて坂道がゆるやかになったあたりからペースを6:30くらいに戻してそのままゴールへ向かいます。この年の関門通過タイムは2:07:57でした。

このくらい遅いタイムだと15,6km過ぎあたりからはまわりのランナーに置いて行かれて一人旅に近い感じになりますが、自分のペースを守ってゴールを目指します。

こんな感じで走れば、多分完走できるはず。2016年は走っていないのでちょっと不安ですがなんとかなるでしょう。

気になる天気ですが、3月6日現在天気予報によると3月12日の藤枝の天気は曇時々晴で最高気温13℃ということです。ただこれは藤枝市中心部の気温です。大会が開催される「瀬戸谷」は山間部です。天気予報の気温よりも1〜2℃、山のうえはさらに2℃くらい気温が低くなります。寒さ対策も万全に

走ったあとは近くの「瀬戸谷温泉ゆらく」で汗を流すのが定番。送られてきた大会プログラムに無料入場券が付属しています。

では、がんばって楽しく走って完走目指します!

結果はこちら↓(2017年3月14日追記)

今年も制限時間ギリギリ完走できたのか? 第24回ふじえだマラソン
第24回ふじえだマラソン ハーフ 出走 2017年3月12日、静岡県藤枝市の山間部「瀬戸谷」を舞台に開催された「ふじえだマラソン」ハー......