ガーミン GARMIN ForeAthlete 230Jはランニングウォッチ初心者にお勧め!

マラソンレースやトレーニング時に欠かせないアイテムがランニングウォッチGPSウォッチ

私は2012年からGARMIN FORERUNNER 405CXを使っていたのですが、さすがに5年も使っているとボタンの動作不良や謎のフリーズ、バッテリーの劣化など色々と不具合が多発。

405CX

先日走ったしまだ大井川マラソンでは残り500mでバッテリー切れとなってしまい最後までログを残すことができませんでした。

ということで、新しくランニングウォッチ購入を決意。スペックやレビュー、評判なども検討した結果ガーミン GARMIN ForeAthlete 230Jを購入しました。

今回の購入選択要素としては

  • ガーミン製であること(ガーミンコネクトに記録してきたのでそのまま継続したかった)
  • GPSウォッチ
  • バッテリー稼働時間が長いもの(フルマラソン5時間半前後なのでバッテリーの持ちはいいにこしたことはありません)
  • 心拍計は不要
  • 価格が比較的安価なこと(20,000円前後)

これくらいでした。

この要素で絞ると候補は35J、230J、235Jの3つ。それぞれを比較すると

  35j 230j 235j

バッテリー稼働時間

(トレーニングモード)

GPS:13時間

GPS:約16時間

GPS+GLONAS:12時間

GPS:約11時間

GPS+GLONAS:9時間

心拍計 あり 別売り あり
メーカー小売希望価格 ¥ 24,800 ¥ 18,334 ¥ 31,297 

迷うことなく230Jです。ちなみに230jがこの価格になったのは2017年秋からということでそれまでは29,800円だったようです。いいタイミングで値下げしてくれました。

スポンサーリンク

ガーミン GARMIN ForeAthlete 230J

外観

ガーミン230J 大きさは45 x 45 x 11.7 mm、ディスプレイのサイズは直径31.1 mmです。405CXに比べ厚みがぐっと薄くなり、ディスプレイの大きさが一回り大きくなりました。

色はブラックxホワイトとパープルストライクの2種類。無難にブラックxホワイトを選びました。

重さは41g。405CXが60gだったので非常に軽く感じます。

405CXはボタンが2つであとはタッチベゼル操作だったので、手袋をしているときなど反応が悪く結構面倒したが、それに比べ230jでは各種ボタンは5つ。確実に、シンプルに操作が可能になっています。トレーニングやレースをタイムを計るくらいの使い方ならそれほど操作は難しくありません。

ただ、それ以外のトレーニングや通知機能などの豊富な機能を使いこなすにはマニュアルと格闘して理解する必要があります。私もまだまだ道半ばです。

GPS

GPSみちびきGLONASS(ロシア版GPS)に対応しています。GPSのモードはオフ、GPSのみ、GPS+GLONASSの3種から設定で選べます。よっぽど都会で高層ビルなどの陰が多い場所でない限りGPSだけで充分だと思います。そのほうがバッテリーの節約にもなります。

GPS電波の捕捉時間は5秒程度と短くなっています。405CXのときは30秒から1分程度かかっていたので、驚きの進化です。

Bluetoothでスマホと連携

Bluetoothでスマホと連携する機能は、405CXになかった機能なのでその便利さに感動してます。

405CXのときはパソコンに挿したUSB ANT 受信機を介して走行データが送られるため、トレーニングやレースのあとにすぐにログを確認することが困難でした。

230jではガーミンコネクトモバイルをインストールしたスマホとペアリングしておけば直接送信されるので、スマホを携帯して走っていればすぐにログが同期されるので走った結果を確認することができます。これは便利です。

さらに、スマホへの電話着信やメール着信、TwitterやFacebookなどアプリの通知もBluetooth接続されていれば230Jの画面や通知音バイブレーションなどで確認できます。もちろん、通知音にするのかバイブレーションにするのかそれとも両方なのかも選択可能できます。また、どの通知をONにするかOFFにするかもスマホ側から細かく設定可能です。

ガーミン230J

この通知機能は当初あまり重要視していなかったのですが、走っている最中よりも普段使いのときに非常に便利。スマホをカバンの中に入れていたり充電のため携帯していないときなどのLINEやメールの着信時に重宝します。なお、トレーニングモードを使用せず普通の時計として使用した場合、バッテリーは12週間ほど持つようです。

この通知機能の不具合が発生しましたが(下記リンク参照)、とりあえずは復旧しました。(2018.1.19 追記)
ガーミン ForeAthlete 230J 初トラブル発生!
ガーミン ForeAthlete 230Jを使い始めて1ヶ月。  何の問題もなくトレーニングや大会で使え、さらに通知機能が思いのほか便......

ConnectIQから様々なアプリを入手可能

ConnectIQはガーミンが提供しているアプリストアみたいなもの。データ項目・ウォッチフェイス・ウィジェット・アプリケーションなどをダウンロードして、230Jを自分好みの仕様にカスタマイズできます。

私はデータ項目をデフォルトの3分割から4分割に変更、ウォッチフェイスは人気が高いものをとりあえず選んで使ってます。自分が選んだ画像を使ってウォッチフェイスを設定する機能もあります。

実際に使ってみての感想

2017年12月に行われた第29回袋井クラウンメロンマラソンの際に使ってみました。

第29回 袋井クラウンメロンマラソン in ECOPA 出走! うまいメロンは食えたのか?
2017年12月10日(日)、今年も袋井クラウンメロンマラソン in ECOPA を走ってまいりました。 袋井クラウンメロンマラソンは......

軽いので装着感はほとんど感じないほど。4分割画面も文字は大きく画面が明るいので視認性に優れています。1kmごとでオートラップを刻む設定にしていますが、バイブレーションで知らせてくれるので見逃すこともありません。

さらに405CXになかった機能ですが、走行ペースと残り距離からフィニッシュタイムを想定してくれるモードがあります。自分の今のペースで走っていて目標タイムをクリアするのか(鈍足の私の場合は制限時間に間に合うのか?ですが・・・)を頭で計算しなくてもいいので走りに集中できます。

5時間半での完走でしたが、100%充電状態で走りはじめてバッテリーの減りは30%ほどでした。これくらい稼働時間が長ければ、ウルトラマラソンを走る人が使っても問題ないでしょうね。

そんなわけでランニングライフの新たな強い味方となったガーミン GARMIN ForeAthlete 230J。初心者からベテランまで幅広く使えるランニングウォッチとしておすすめです。価格と機能のバランスがいいのでランニングウォッチをはじめて買うかたに特におすすめします。

まだまだ使っていない機能もありますので、それらを理解しながらトレーニングやレースでどんどん使っていこうと思います。

スポンサーリンク

フォローする