静岡AFVの会 2018をみてきました

静岡AFVの会 20182018年2月25日(日)、静岡AFVの会2018を見に行ってきました。

静岡AFVの会とは静岡県を中心にAFV(戦車や装甲車など装甲戦闘車両)の模型製作愛好家が作品を持ち寄り、コンテスト形式で展示するイベント。プロアマ、年齢問わず参加可能です。どんな作品が並んでいたか、そのごく一部ですがご紹介します。

スポンサーリンク

戦車だらけの展示会

会場は静岡ホビースクエア

昨年は作品参加したのですが、今年は残念ながら間に合いませんでした。

静岡AFVの会2017に参加しました
静岡AFVの会が今年も開催されたので参加してきました。 静岡AFVの会とは? AFV(Armored Fighting Ve......

さて今回のテーマはキングタイガーなのでキングタイガー作品が多いのは当然ですが、テーマ部門以外の作品も数多くあり見ごたえがあります。

静岡AFVの会 2018P40 アンチョビ付き。ガルパン作品も多く、ガルパンはAFVのいちジャンルとして定着した感があります。

静岡AFVの会 2018ジオラマ作品もいくつかありましたが、その中で目を引いたのが この作品。車両、フィギュア、ベース、建物、すべての要素が高い完成度です。

静岡AFVの会 2018キングタイガー。ガールズ&パンツァーの黒森峰女学園仕様です。美しい塗装が印象的でした。

静岡AFVの会 2018これもガルパンネタのジオラマ。劇中にはこのような場面は出てきませんが、インサイドストーリーを妄想しながらこういうジオラマをつくるのも楽しそうです。

静岡AFVの会 2018こちらはガルパンのネトゲチームのビネット。

 静岡AFVの会 2018

ミニアートのトラクター。普段あまり見ることのないマイナー車両の完成品を見ることができるのもAFVの会ならではの楽しみです。

静岡AFVの会 2018こちらも黒森峰女学園のキングタイガー。フィギュアが乗るとより臨場感が増します。

静岡AFVの会 2018

沼津の印刷屋さんが発売している情景背景シートを使った作例。写真にするとそれっぽい雰囲気になります。

メーカー出展ほか

静岡AFVの会 2018静岡AFVの会ではコンテスト展示だけではなく、イベントやメーカー展示もありました。

模型誌などで有名な岩重賢司氏による「マルケン塗り」の講座や、タミヤによるM3スチュアートの解説などもありました。M3スチュアートは既存キットのパーツ替えではなく全て新規開発したパーツだとのこと。またいままでのM3スチュアートは絶版になるのではく両方ともこれからも販売していくそうです。

タミヤ

静岡AFVの会 2018先日のシュピールヴァーレンメッセ(ニュルンベルクトイフェア)で発表されたアイテムを中心にタミヤのAFV新製品の展示。

プラッツ

静岡AFVの会 2018ガルパンの新製品の展示や悪役1号短砲身型の展示などがありました。またドラゴンのキットやジオラマアクセサリーパーツ、ジャンクパーツの販売などもありました。

シモムラアレック

静岡AFVの会 2018模型用の工具を次々に開発するシモムラアレックも出展。おなじみのハイパーカットソーシリーズなどの実演販売をしていました。

このほかにもラウペンモデル、コバーニなどの静岡メーカーが展示・販売していました。ハセガワ、アオシマの2社は出展していませんでした。せっかくの静岡AFVの会なのに地元メーカーが参加していないのはちょっと残念ですね。

ということで、レベルの高い作品を多数見て大いに刺激を受けました。製作の参考、モチベーション上げのためにもこういう展示会を見ておくべきだと毎度思います。

おそらく来年 2019年も開催されると思いますのでぜひ皆様次回はご覧になることをおすすめします。

スポンサーリンク

フォローする