これは簡単! 5分でできるアイロンワッペンの付け方

簡単に洋服にアクセントを付けられるアイテムとして超定番なのがワッペンではないでしょうか?
ミリタリーファンにとっては「パッチ」として馴染みがありますね。

そんなミリタリーファンにも人気があるのが「ガールズ&パンツァー」のワッペンシリーズ。

プラッツから発売中のこのシリーズは、ガルパンに登場する各校の校章やチームのマークなどを刺繍ワッペンで再現しています。

ワッペンの裏側にはアイロンプリント加工がされています。普段、手芸に馴染みのない人も「アイロンで接着できるもの」くらいの認識はあると思います。相手が布であれば熱圧着が可能です。そのまま貼り付けてもいいのですが、ワッペンのコレクション数が増えてくると気分や場所に応じて取り替えたくなるというもの。

そんな時に着脱可能にするためのベルクロ(マジックテープ)の付け方をご紹介します。

ベルクロ/マジックテープ/面ファスナー

ベルクロやマジックテープ等の商品名で知られていますが、布に特殊な加工をし面的に着脱できるファスナーのこと。ベリベリベリっとはがせるアレです。

フック&ループとも呼ばれており、フック状(オス)に加工された側とループ状(メス)に加工された側があります。上記の画像では左側がフック、右側がループです。

通常、ワッペンなど脱着側にフックをつけます。

なかなか近くの手芸店などには置いていないので、通販で買ってます。今回使ったのはこれ。

それでは加工

加工、というほど難しくはありません。

ワッペンをベルクロのフック(オス)側の裏面に置き、

アイロンで熱圧着するだけ。

気をつける点はスチーム機能のついているアイロンはスチーム機能を切って使用すること。
また、アイロンの温度は中(140℃から160℃)にして、約20秒程度押さえつけるようにしてください。
この時、アイロンの熱でワッペン本体を傷めないために、あて布を使用しています。
圧着時間はアイロンの温度や圧着しようとする相手の布の状態にも左右されますので、上記を基本に調整してみてください。

裏からみたところ。しっかりと接着されました。コツとしては上から押さえつけるように文字通り圧着するといいでしょう。

ついでにあんこうチームのワッペンも接着しておきました。

あとはワッペンの形に沿ってベルクロを切るだけです。

できあがり。非常に簡単です。トータルの作業時間は5分ほどで完了します。

これだけでも通常は問題ないのですが何年か経つと糊が弱くなって剥がれてくることがあります。それを防ぐには縫ってしまうのがベストです。

というわけで、ミシンで縫っておきました。

外枠の黒いラインに沿って縫ってみました。これで剥がれる心配はありません。

これで服やバッグなどベルクロのメス部分に自由に脱着することができます。

いかがでしたか?加工自体は非常に簡単なのでぜひ皆さんもお好きなワッペンを楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメント