静岡マラソン2017 激遅ランナーのレースプラン これで制限時間内完走できる!

スポンサーリンク

今年の目標は5時間15分

明日の静岡マラソンに向けて、激遅ランナーとしては時間内完走を目標にレースプランを組み立てております。

ちなみに過去3回のゴールタイム(グロス)はこんな感じ。

  • 2014年 5:14:22
  • 2015年 5:16:49
  • 2016年 5:28:55

いつもギリギリです。特に2016年は残りあと1分でした。危なかった!
ちなみに静岡マラソンの関門は非常に厳格です。1秒でも制限時間を過ぎると通過・ゴールさせてもらえません。

静岡マラソン関門(2017年からの新コース)

関門 場所 距離(km) 閉鎖時間
第1関門 沓谷5丁目南交差点 3.7 9:10
第2関門 城北公園西側バス停付近 10.0 9:57
第3関門 本通り3丁目交差点(往路) 12.5 10:08
第4関門 安倍川橋東端(西武建材静岡支店角) 18.0 10:49
第5関門 東海瀝青工業南交差点 21.9 11:18
第6関門 大谷公民館 27.1 11:57
第7関門 久能山下交差点 30.7 12:24
第8関門 NTT三保交換所 35.0 12:56
第9関門 清水庁舎入口交差点 41.6 13:45

静岡マラソン2016 振り返り

昨年の5kmごとのラップタイムは下記の通り。

スタートロスタイムは約10分。スタートブロックはFでした。

中間点まではキロ6分半くらいでいい感じで走っているのですが、25kmあたりを過ぎてから徐々に落ち始め、30km過ぎではキロ8分半くらいになってしまってます。これでも完走可能です。

実は25kmくらいまではなだらかに下っているので思ったよりもスピードが出ると思いますが、そこを過ぎると細かいアップダウンがあり急に体が重く感じ始めます。

30km過ぎはちょうど久能海岸の修行のような折り返しのあたりです。隣のレーンは5km先、その隣は10km先を走っていると思うと、精神的には一気にダメージを食らう区間でした。

昨年は一時はもうあそこでやめようかと思ったくらいつらかったのですが、なんとか気力を振り絞って走り抜いた記憶があります。あの海岸セクションは本当に楽しくない区間です。

2017年はあの折り返しがなくなり一本道になったので、気持ち的には楽ですね。

2017年はどう走るか?

さて、レースプランですが中間までのスピードを抑えても25kmすぎて徐々にスピードが落ちるのは2015年のしまだ大井川マラソンで経験済みなので、無理して抑えず昨年同様キロ6分半くらいで淡々と走ってみたいと思います。25kmを過ぎても7分半くらいのペースを維持して走り、5時間15分くらいでゴールするのが今回の目標です。

問題は天気。過去3回、特に最初の2回は冷たい雨の中のレースでしたが、かえって適度に体が冷やされていい感じ走れました。

明日の天気予報は晴れ時々くもり、予想最高気温は17度! 暑さ対策をしっかりしておかなければならないですね。いつもよりも多めに塩分タブレットを携行するつもりです。

また各給水所でしっかりと水分補給をするとともに首や足などに水をかけて冷やすことも忘れないようにしたいと思います。

レースの持ち物リスト

  • shotz ショッツエナジージェルx3
  • BCAAサプリx3
  • 塩分タブレット多数
  • ブドウ糖多数
  • ツラレス(足のつり対策)
  • エアーサロンパス

普段はエアーサロンパスは携行しないのですが、静岡マラソンの救護所では「消炎鎮痛剤スプレーは準備していません」とのことなので、念のために持っていこうと思います。

では、がんばって楽しく走って完走してぜひメダルを獲得したいと思います!

スポンサーリンク

フォローする