第55回 愛媛マラソン(2017年)  当日編

2017年2月12日。待ちに待った愛媛マラソン、いよいよレース当日です。

2010年に市民マラソン化して7回目、すっかり地元の一大イベントとして定着したようです。
南海放送が中継しますが、なんと6時間の完全中継。新聞のテレビ欄も気合入ってます。ちなみに今年の視聴率は25%だったとか!? いい意味でいろいろと狂ってます
(静岡マラソン&静岡朝日テレビもこれくらいやってくれるともっと盛り上がるとおもうのですが・・・・)

さて、愛媛マラソンのスタートは10:00とわりとゆっくりめ。市内電車で会場に向かいます。実家を8:00前に出ても余裕で会場に到着します。

会場に到着すると立派なフィニッシュゲートが目に入ります。ここに無事ゴールする場面をイメージトレーニング。

着替えは市民会館内が使えます。暖かくて快適です。

いい天気でまさにマラソン日和。

愛媛県庁前をスタートし、松山城まわりをぐるっとまわって本町通りへ。そこから196号線を北条方面へ北上し戻ってくるコース。

前日の開会式でも7km,35km付近にある「平田の坂」がきついという話でした。
それ以外は目立ったアップダウンもなく、走りやすそうなコースです。

さてスタート前の待機列は並列待機。参加者みんながスタートセレモニーを見ることができます。待機列からブロック順にスタート地点に移動する方式でしたが、私のHブロックでは号砲からスタート地点通過までの時間は9分ほどでした。

レースはというと、これはもう今までに感じたことのない楽しさにあふれた42.195kmでした。
本当に絶えることのない沿道の応援。
タルト、坊ちゃん団子、ポンジュースなどの地元感に満ち溢れたエイド。
嬉しい嬉しい私設エイド。
元気なボランティアの学生さんたち。松山北高生が特に目立ってました。
高橋尚子さんの笑顔とハイタッチ。
坂もそれほどきつくなく(袋井メロンマラソンや掛川マラソンなどに比べればあれは坂ではありません)、走りやすい道路。

山越を過ぎてゴールまでの数キロは、沿道の応援も多く本当に楽しくて楽しくてゴールするのがもったいないと感じた程。5時間50分弱で完走です。

そしてゴール後にはボランティア女子のみなさんのハイタッチロード。あれは嬉しいおもてなしですね。

完走後にはシャッターボランティアの女子にスマホやカメラを渡すと写真を撮ってくれます。これもうれしいおもてなし。

ゴール後には各ブースで食べ物や飲み物がふるまわれます。
レース中の給食が豊富でそれほどお腹は空いてなかったので食べ物は貰わず、甘酒やコンソメスープをいただきました。

JALのコンソメスープが、水分と塩分補給には最高でした。

道後温泉のお湯を運んできたという足湯も人気でした。

走り終わったあとは市内電車で道後温泉へ。

参加案内と一緒に送られてきた道後温泉無料入浴券を使います。

第55回愛媛マラソンの参加案内が送られてきた
2月12日に開催される愛媛マラソンのナンバーカード引換券や参加案内が送られてきました。 私は愛媛マラソンは初参加なのでなにもかも新......

これもうれしいサービスです。

温泉で汗を流しながらレースを反芻するあの時間が至福のときです。
ランナーと観光客でかなり混んでいました。

風呂上がりに商店街をお土産を買いながらぶらぶらします。生まれ故郷なのに観光客気分。不思議な感覚でした。

実家に戻ってささやかな完走祝い。

今回もらった参加賞や抽選で当たった本、みきゃんの軍手。これをはめて走りました。中でもオレンジの完走タオルが一番嬉しい!

それともうひとセット。

ゴールタイムの秒数が14秒の完走者が貰える伊予銀行賞。14でいよ、です。着順の飛び賞と違いある程度狙える飛び賞です。もちろん、狙いました

ということで、故郷愛媛をはなれて30数年。はじめての愛媛マラソン参加。
まさか自分が愛媛マラソンを走ったなんて、今でも夢のようです。
毎年この時期の日曜は仕事が忙しく、また運良くスケジュールが空いていたとしても3倍近い倍率のエントリー抽選という最大の関門が待ち受けている愛媛マラソンですが、必ずまた数々の幸運を重ねて走りたいと思います!!

愛媛マラソン最高!!!