第26回ふじえだマラソン (2019) ハーフマラソンを走りました

シェアよろしくお願いします

スポンサーリンク

第26回ふじえだマラソン

2019年3月10日、今年もあの激坂コースで名高い? 静岡県藤枝市の山間部「瀬戸谷」がコースの「ふじえだマラソン」のハーフマラソンを走りました。

山間部を走る、高低差300mの坂が売り物の大会です。ハーフマラソンの他には3km(ジョギング/ペア)、5km、10kmのそれぞれの部門があり、子供から家族連れ、高齢者まで幅広い年齢層が楽しむ事ができる大会です。

ハーフマラソンの制限時間は2時間30分と今までと変わりませんが、嬉しいことに今回から19km地点の関門閉鎖時間が2時間10分から2時間15分に緩められました。いつもこの関門を通過するためにかなり無理して走っていたので、この変更は大歓迎です。

数日前から天気予報は傘マークの雨予報でしたが、当日はスタート前には薄日が差すくらいの天気。結局レース中には雨は全く降りませんでした。

参加人数は全部門をあわせても2500人ほどなので、会場が混雑することもなくトイレの待ち時間もほとんどなく、レース前にストレスなく過ごすことができます。

荷物預かりサービスは2018年から移動式コインロッカー(200円)になっていますが、A4の封筒に入る大きさの貴重品は、コインロッカーとは別に無料で預かってくれます。

ハーフマラソン

ハーフマラソンスタート前。ハーフの参加人数は500人ほどなので混雑もなく割り込みする必要もなくいつもほのぼのとした雰囲気です。

スタート前には開会セレモニーがコース脇で行われます。手話通訳付きです。

タイム計測はグロスタイムのみ。ラップタイムの計測はありません。

スタートは9時。人数がそれほど多くないので後方スタートでもロスタイムは1分もないでしょう。昨年も書きましたが殺人的なコース故か、まわりのランナーは速い人ばかり。それに惑わされず自分のペースを守って走るのがこの大会の最大の攻略ポイントだと思います。

坂道コースとはいえ、7km付近までは緩やかな上り坂なのでここを無理せず淡々と一定のペースで走るのが序盤の走り方。私の場合は6分40秒くらいをキープしました。

7kmを過ぎ折返しまでの約3kmがこのコースの最大の難所。くねくねとした急坂をひたすら駆け上がる修行のような区間です。もちろんペースは急激に落ちます。今回は9分から9分30秒ほどのラップになりました。どんなに苦しくてもわずか3kmです。ゆっくりとでもいいので走り続けるように努力しました。

幸い、薄曇りで気温もそれほど高くないコンディションだったのが幸いでした。

頂上の折り返しタイムは手元のガーミン230Jで1時間17分ほど。2018年とほぼ同じ。折返したあとはひたすら下りです。ここでできるだけタイムを取り戻すように走るのが完走への近道。2018年は折り返してから関門までの時間に余裕がなく死に物狂いで走った記憶がありますが、今回から関門閉鎖時間が5分延長になったので余裕を持って走ることができました。19kmの関門は残り時間40秒で通過しました。

関門を通過するころには前方にはほとんどランナーがいません。寂しい。

毎度ですが足のつり防止を期待して、塩分タブレットでナトリウム補給は欠かせません。今回もポケットに数個入れて途中で補給しました。

関門通過してからは昨年まではペースを少し落としつつ走ったののですが、今回はそういうわけにもいかず割としっかりと走り2時間28分代でゴールイン。ゴール後は地元の高校生たちがチップを外してくれます、ありがとう!!

完走証もすぐに発行してくれます。参加賞は完走証と一緒にもらえます。部門別、種目別の順位末尾が7の人には飛び賞がありました。今回は当たりましたよ! 飛び賞は藤枝銘菓のサッカー最中でした。

会場ではボランティアの皆さんによる豚汁と甘酒のサービスがあります。

豚汁・甘酒ともにおかわりできるほど用意されていました。ありがとう!!

走り終えたら近くの「瀬戸谷温泉ゆらく」へ行くのもお決まりのコース。

大会パンフレット無料入浴券がついています。炭酸泉あり、露天風呂あり、サウナありのいい温泉です。

ゆらくからは藤枝駅前までのバスが出ていますが、ふじえだマラソン参加者は大会パンフを提示すればこのバスに乗ることができます。うれしいサービスです。

参加賞は昨年同様大きめのスポーツタオルと紅茶でした。

ナンバーカードは事前送付で当日受付なし、参加人数もほどほどでストレス無し。地元の子どもたちやお年寄りによるあたたかい応援。太鼓の演奏による応援もありました。スタートからゴールまで、ずっと続けていてくれました。

ふじえだマラソンはすべてがコンパクトにまとめられた最高の大会です。

来年ももちろん走ります!

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします

Twitter、Instagramもよろしくお願いします

コメント

  1. OmimO より:

    さっそくブログをアップしてくれてあったので、拝見いたしました。当日は午後から雨予報だったので、完走後早々に退散してしまいました。でも「みきゃん」Tシャツのお兄さんのゴールをかげながら、応援していました。フルマラソンを何度も完走しているのに、このように制限時間をいっぱい使った走り方もあるんだと感心いたしました。
     嶋田さんは次回「焼津みなと」を走られるとのこと。私は掛川の方で走ってまいります。これからもがんばりましょう。

    • しまだ より:

      こんにちは、いつも制限時間ギリギリでひやひやしながら走ってます。今回も「みきゃんがんばれ」の声援を多数いただきました(笑)
      焼津みなとマラソンと掛川新茶マラソンの日程バッティングはどちらも良い大会だけに残念です。どちらも走りたいのですが、今回は地元を選んでしまいました。

      掛川がんばってください!